川越いも
埼玉県三芳町の落ち葉堆肥農法を用いて作られたとっても甘い川越いもの
自然な味を「茶紺」という「焼きも菓子」として是非ともご堪能ください!
IMG_20180911_120503_edited_edited.jpg
IMG_20180906_131128.jpg
小豆餡茶紺(川越いも・十勝小豆・くるみ・ごま入り)
無花果茶紺(川越いも・いちじく・くるみ)
焼芋茶紺.png
無花果.png
抹茶小豆.png
林檎紅玉.png
IMG_0636.JPG
BIMG_0427.jpg
ハーフサイズ
小袋
CIMG_0377CC.jpg
IMG_0785.jpg
雲竜 3本箱 贈答箱

旧川越藩の商業を支えていた川越名物の「焼きいも」を菓子生地の中に入れ、自然の味と食感をそのまま残して造り上げたのが、当店自慢のオリジナル商品「甘藷の茶紺」です。

また、「甘藷の茶紺」に加え、焼き芋との一体感を壊さない厳選された具材(十勝小豆、いちじく、抹茶、りんご、かりん、チョコ等)を使った新たな茶紺の種類もご用意しております。

 

「茶紺」の菓子生地は、マフィンやマドレーヌ、フィナンシェ、パウンドケーキ、シフォンケーキの部類には属さず、お口の中でゆっくりと溶けていくその食感はとても重量感のある濃厚な菓子生地となっています。  焼き上がりは、外はサクサク中はしっとりとしているのですが、冷蔵庫で一日以上冷やして食べると味に深みが増し、独特な味と食感がお楽しみいただけます。

また、冷凍庫で凍らせると、冷えても甘さを損なわない焼きいもと、口の中で程よく溶けていく菓子生地の不思議な味と食感のハーモニーがお楽しみいただけます。(夏場は、5分ぐらいの半解凍で、冬場は、常温で15分ぐらい置くと濃厚な味と食感になります)

「茶紺」は、毎日、手作業で一本、一本を丁寧に作りあげております。 菓子生地はもちろん、具材の味や調理方法にもこだわりをもち、どこにもないシンプル且つ、オリジナリティーのある味とそのバランスを常に追求しております(化学調味料やベーキングパウダーを含む余計な材料は一切使用しておりません)。 

 

「川越いも」の本来の味を最大限に活かし、流行にはとらわれない、「素朴で何となく食べたくなる焼き芋菓子」。そんな川越名物のおいもを使ったお菓子の1つとしてこれからも造り続けていきたいと思っています。

CIMG_0286.jpg
甘藷(プレーン)
IMG_0022 (2)縦.JPG
AIMG_0817.jpg
加加亜(チョコ)
AIMG_0818.jpg
​花梨(かりん)
おいもの茶紺 中旗3_edited.jpg
IMG_20171130_153705.jpg
林檎(紅玉)
IMG_20170604_103314.jpg
加工IMG_20180812_100809.jpg
無花果(いちじく)
抹茶